3人子供を産んで期待すること

この3月に子供が生まれました。3人目です。上に今年小学生の女の子と保育園年長の男の子(年子)がいるので久しぶりの出産です。

本当は2人で経済的な面を考えて打ち切りの予定だったのですが、予定外の妊娠でした。

経済的に無理と思いつつも37歳での妊娠でしたのでこれが妊娠できるラストチャンスという気持ちもあり、複雑な気持ちでしたが、やはり授かった命ですので産む決意をしました。

自分が3人目を妊娠してよく目にするようになったニュースが、安倍政権での少子化対策に関する法案でした。

安倍首相は3人目以降の子供への補助などを手厚くするという嬉しいニュースを時々耳にすることが増えたので、その度に嬉しいと思ったりしますが、まだ現実味は帯びていないのが現状です。

3人目で今現状良いことと言えば、児童手当が3人目以降は3歳すぎても一律15,0000円という面です。
たしかにありがたいですが、もっと欲を言えば、今現実化されようとしている3人目以降の子供の保育園入園を優先するという案が早く実現してくれれば良いのにと思います。

経済的な理由から今回の3人目の娘は生後半年で保育園に入れて働こうと思っています。

じっくり育児も楽しみたいですが、働くことで経済面での安定を手に入れることが最優先だと思っています。
法案の改正はまだ時期をみていますが、子供はまったなしで成長していきます。

それを待つ時間もないので、ただひたすらに目の前の家族を守るために私は働かなければいけません。
それは3人目を産むと決断した私の責任だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です