青春とニキビ

ニキビで悩んでいる人も多いと思われます。

私も今でこそちょっとした笑い話ですが、当時は悩んでいたのを覚えています。

中学生くらいのころ、私が鏡をみると見事にブツブツがおでこに浮かんでいるのです。

私はそれがニキビだとは理解していましたが、とにかく嫌だったので髪を伸ばして隠していました。

母親の洗顔剤などをこっそり使っていたりもしましたが、特に効果はなく、ニキビが消えることもありませんでした。

爪でつぶしたりもしましたが、当然意味もなく。

どうしても、消えないニキビにイライラし、ニキビ石鹸や雑誌に載っているニキビケアの商品を手に入れようかとも考えましたが

当然お金もろくにない、何より胡散臭い広告ばかりというわけで結局何もできませんでした。

それから高校生くらいになったらいつの間にやら、ニキビは跡形もなく消え失せていました。

あごニキビを治すために模索しましたが、あごニキビを治すコスメならこのサイトが見つけやすかったです。
どこのニキビでも部位別に開発されていることが多いので、一度ネットで検索してみるのもオススメです。

あれから数十年当時は深刻な悩みでコンプレックスだったのですが、

今にして振り返ってみると、ある種の麻疹みたいなものだった気がします。

逆に今でも体質的にニキビが消えないという方にとってはやはり深刻な問題であり、

悩みなのだと思います。

なので、そういった悩みのある友人をお持ちでしたら、

ニキビくらいといわずに真摯に耳を傾けて欲しいとそう思う次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です