にきびを出来にくくする習慣

匿名希望 女 20代 学生 脂性肌

ずっとにきびに悩んでいた私が実践してにきびができにくくなった習慣をご紹介します。

まず、洗顔や洗髪後にしっかりすすぐこと。アダルトニキビ洗顔料やコンディショナーが肌に残っているとにきびの原因になってしまうようです。

次に、洗ってさっぱりした後はすぐにしっかり保湿すること。私はコットンに化粧水をたっぷり含ませてパッティングした後、コットンを5枚に割いてパックしています(ローションパック用の割けるコットンを使用しています)。しっかり肌を潤した後は、オリーブオイルをほんの1滴手のひらにとり、両手をこすり合わせて伸ばした後に顔を手で包み込むようにします。肌に入れた水分を逃がさないためです。脂性肌の人は特に保湿をサボりがちかもしれませんが、脂性肌の人こそしっかり保湿するべきだと思います。私も脂性肌なのですが、保湿をちゃんとするようになってから脂が出にくくなりました。推測ですが、脂性肌の人は保湿が足りていないが為に身体が脂を出してカバーしようとしているのだと思います。
大人ニキビ コスメを試すのも良いですが、ほどほどにしたほうが容易です。

ニキビ予防といえば、一番に思い浮かぶのがプロアクティブです。
プロアクティブの売り上げが物語っているように、とても人気があるようです。
プロアクティブ評判を検索しても、やはりニキビに効果があったとの声を多く目にするような気がします。

最後に、これはちょっと面倒ですが、タオルやまくらカバーは常に清潔なものを使うこと。まくらカバーを毎日洗うのはさすがに大変すぎるので、私は清潔なタオルをまくらカバーの上に敷いて寝るようにしています。まくらカバーを毎日洗わなくても、敷くタオルを毎日きちんと取り替えればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です